スポンサードリンク

日本の高齢化

国連では65歳以上の人口が全人口の7%を超えれば「高齢化社会」、14%を超えれば「高齢社会」と定義しています。
日本も1970年に高齢者人口が7%に達して高齢化社会になり、わずか24年で高齢者人口が14%を超え、 高齢社会になりました。
都道府県別の高齢化率は、三大都市圏で低いですが、それ以外の地域では高齢化率は大変高く なっています。
今後、高齢化率はすべての都道府県で上昇し、2025年には、最も高いのが秋田県で 35.4%、最も低い沖縄県でも24.0%に達すると見込まれています。また、日本の高齢化は大都市圏を含めて全国的な広がりをみせることになり14%どころが、20%を超えてしまいます。
高齢者にとっても大変厳しい時代になってきました。
人口が減少すると同時に高齢化する結果、基本的な就業構造(失業率や 労働力率)が変わらなければ、労働力の減少を通じて経済成長率が低下する事になります。2000年から2025年にかけて、労働投入量は減少していくとみられているので経済成長の制約要因となります。 個人が豊かさを実感できるようなシステム作り、それにより日本の将来を担うべき子供を産み・ 育てやすい魅力ある社会を実現することが高齢社会を無くす為の近道です。

menu
トップページ
自宅介護の問題点
自宅介護支援機関
認知症について
老人介護の実情
リンク
痔のなやみ
溶連菌について。
突発性発疹について。
手足口病について。
感染性胃腸炎について。
プール熱について。
マイコプラズマ肺炎について。
四十肩(としうで)を治す!
五十肩改善法
脂肪燃焼筋肉トレーニング方法
お家で簡単ダイエット方法
痩せる方法
便秘解消でやせる方法
溶連菌感染症について
花粉症治療SLIT減感作療法